感染防止の取り組み

当院での感染防止の取り組み(2022.8月)

標準消毒滅菌に加えcovedの感染予防対策を追加

【待合室・受付】
受付:  アクリルパーテーションの設置
マスク:  マスクの着用
検温:  受付にて非接触体温計による検温
消毒:  アルコールによる手指消毒
付添:  原則1名のみ(入室制限中)
※ 入口に空気清浄機設置
※ 換気及び空気循環装置としてサーキュレーターを複数設置
※ カード決済端末に抗菌シートを使用

【診療室】
ユニット:  毎回アルコールによる消毒
換気:  Co2計測による換気・サーキュレーター使用

【感染防具】
施術者: フェイスシールド/サージカルマスク/医療用グローブ 着用
補助者: 使い捨てエチレングローブ 使用
患者:  使い捨て紙エプロン/紙コップ 使用

【消毒滅菌の流れ】
ユニット:  患者さんごとに薬液消毒/タッチパネルに抗菌シート
器具:  基本セット・バー類(3段階滅菌※基本セット以外は滅菌パック後オートクレーブ
     プライヤー (2段階滅菌) 樹脂製の道具(薬液超音波→アルコール拭→紫外線

 3段階滅菌 行程           2段階滅菌 行程
  1 薬液               1 アルコール拭
  2 超音波                 2 薬液超音波洗浄
  3 オートクレーブ(132℃2気圧)        3 加熱オイル滅菌
                 ↓
            必要に応じてパック処理
                 ↓
          紫外線滅菌庫又は専用ケースに保管

※ ユニット(治療用椅子)には浄水カートリッジが接続されています
※ ティッシュは(咳やくしゃみ等)汚染防止の為フタ付ケースに変更しました
※ 医療用ガウン(ディスポ)の着用は現在行っていません

シェアする

フォローする

テキストのコピーはできません。