まだある・なんかある…「ラスボス編」

こんにちは、
いつも明るい安村 高木です

膿栓で来院されている方々で
「先生、まだある・・
まだあるよ、絶対いる
取って下さい、奥にいるから」

などと言われ
「そんな、見えないし。。気持ちはわかるけど。。」
なーーんて思ってたんですよ

そんなあたくしに神からの試練が ❗ 。。。。。
「なんか、居る、そこにいる」状態が
先先週の土曜から続いており
思い切って自分で膿栓除去を試みる
も、
。。。。。

これか!これなのね!
「先生、まだある・・
まだあるよ、絶対いる取って下さい、奥にいるから」

本質から理解できました。

そう、なんかいるんですよ
しかも、においまで存在感が

と言う事でもう一度 膿栓除去トライ
まだいる 

膿栓は取れているのに
まだいる・まだある存在感

そう、雑魚キャラはヤレても(おい)
ラスボスは手ごわい
ぐう名言(シロメ)

んで、本日 施術方法を変えたんですよ

見事、うち取れました
ラスボス

ものすごーーーーーーーく
苦しかったです
患者さんはきっと泣くよ コレすると

患者さん用にアレンジしてみる
お勧めしないけど

ラスボス退治は上級者用なので
初心者には致しません

スッキリし、ニオイも撲滅したので
今日のご飯は、おいしいはずw

シェアする

フォローする