ある日の膿栓

小説のようなタイトルに
うっかりセンチな内容を書き込みたくなる
ジョイなせつ子ですw
(ここ↑笑うとこ)

ある日です
膿栓の患者さんの予約が
少なくなったころ
事件は起きました

そう
膿栓が大きすぎて
ホースを通過できずに
ユニットバキュームが
ぴぃぃぃぃ—–っと
悲鳴を上げたのです

壊れる!

大丈夫
あわてず・騒がず
落ち着いたふり(え?)をして

バキュームスイッチを切り
院長の使い古しの針金の残りで
ザクザクと突き崩し

見事・現状復帰!

よかった♪良かったよぉ~
(泣( ノД`)シクシク…)

壊れなくって(真顔)

ニックき膿栓めーニックって誰?
見せしめの為に写メってやる!
という画像が下にあります

ご査収くださいw
ハリガネで分解した後の膿栓
(*゚◇゚) 臭っ!

シェアする

フォローする