膿栓のかほり

こんにちは、膿栓の記事を
皆が読みたいと・・・
ホントかいな??

という事で、膿栓第3弾ww

中洲で働いていると思しき雰囲気・・・
(特に聞いてはいないが私の思い込みによる)
の患者さん

「ねえねぇ~先生、あたし臭い?」
最初に断わっておくけど
初診の患者さんです(笑)

歯医者という仕事柄
たいていの臭いには慣れますが
膿栓の臭いだけは慣れません(困)

ただ、膿栓の診療をするようになって
自臭(自分で臭いと思ってる人)を気にされる方で
膿栓臭がする人はほとんどいません(キッパリ)

話を元に戻して
このA嬢は自分の呼気が臭く
違和感が強いので来院されました
マスクして対面40㌢では臭いません

が、

がですよ。。。

彼女の膿栓除去をすると
長径8ミリ垂直径5ミリほどの三角形を呈した
膿栓がポロリ。。。(でかい)

ガラスの吸引管が
吸い込めず、器械が
「ぶぶぶぶぶぶぶ」と異音を立てています

「先生、一瞬で臭くなくなった!
 取れたんじゃないの?」
うがいの後で嬉しそうに振り向きざまに
話しかけてきてくれましたが
ガラス管の中のヤツを発見して
絶句。。。
だんまる彼女

こんな時はかける言葉もなく
「処置は終わりましたよ、取れて良かったですね」
たんたんと診療を遂行し説明するのですが
患者さんがボソリ

「昨晩の営業 はぐちゅー臭かったろうやぁ~」

何のこと言ってるのかさっぱり分からなかったので
処置後にカルテを書き
患者さんが出ていくのを見送った後で
ヨーク考えてみたのです

(多分水商売?の)営業で行っている
ハグ(軽い抱き合い)して、ほっぺにチューする行為を
さしていたのだ と分かって
何ともニンマリな診療後でした

人物特定を(そんな事ないと思うけど)避けるために
お話を少しデフォルメしていますので
今日のブログはルポではありません。

ある1日の診療後のスピットン
(おぇ)
キラキラのモザイクをかけようか悩みました
とりあえず写真を小さく縮小してみる

シェアする

フォローする